シミュレーター

独立太陽光システムの場合は、この計算方法であなたの太陽光発電システムのW数を概算できます:


1. ご利用する電子設備は合計消費電力何Wですか?

2. 連続で何時間稼働させる予定ですか?

3. チャージコントローラ効率(PWM:70%、MPPT:92%)

4. 1日の平均日照時間は?


最小システムサイズ:

推奨システムサイズ:

推奨バッテリーサイズ(12V):

推奨バッテリーサイズ(24V):

この計算機であなたのオングリッドシステムのワット数を概算できます:


1.月に何キロワット時(kWh)を使用しますか?

2.再生可能な太陽エネルギーはこのシステムに置いて何パーセントの電力を占めますか?

3.1日の平均日照時間は?


最小システムサイズ:

推奨システムサイズ:

この計算機でケーブルゲージサイズ(銅線のみ)を概算することができます。


1.ソーラーパネルの公称最大出力動作電圧(Vmp)

2.ソーラーパネルの公称最大出力動作電流 (Imp)

3.ソーラーパネルとチャージコントローラー間の接続ケーブルの長さ

4.許容されるVmp損失率(2〜5%を推奨)


ゲージサイズ:
ケーブルサイズに対するNECの最大電流
SQ 16 14 12 10 8 6 4 2 0
最大電流 10A 15A 20A 30A 55A 75A 95A 130A 170A
抵抗は長さと共に増えます

ケーブルが長ければ電気抵抗が大きいです。そのため、ケーブルサイズを大きくする、元の電圧レベルに回復できます。

許容できる電力損失

ケーブルサイズが小さいと、ワイヤが過剰な電力(ワット)を消費し、負荷(バッテリバンク、インバータなど)に供給される電力が減ります。通常、電力損失を5%未満にすることを推奨する。

電圧降下

5%の電圧降下は約10%の光出力損失を引き起こします。電圧降下と光出力損失の比率はほぼ同じです。 電圧降下が5%を超えた場合、必要な電圧差を減らし、バッテリーへの充電電流を大きな割合で減らすことができます。ここでの一般的な推奨は、2〜3%の電圧降下を想定しサイズを計算する。 PVアレイが将来拡張される可能性がある場合は、拡張に備えてワイヤのサイズを決めます。

電力の流れを邪魔しない

一方、大きすぎるワイヤゲージを取り付けると、マイナス影響はありませんが、パフォーマンス向上の可能性があります。明らかに10ゲージで足りる場合で、2ゲージのワイヤを購入する必要はありません、金の無駄使いに過ぎません。しかし、計算機が2つのサイズを提供する時、より大きいサイズの使用を推奨します。



接続ケーブルの数:

ソーラーパネルシミュレーターで必要なエネルギー量を計算できます

Renogy Solarは、あなたの電力システムの見積もりに協力するため、3つの異なるソーラーパネルシミュレーターを提供します。ソーラーシステムサイズシミュレーターはシステムに置いての消費電力や稼動需要時間などからあなたに合うソーラーパネルサイズが計算できます。これに加えて、ソーラーケーブルゲージシミュレーターは、あなたのシステムに合ったケーブルサイズを計算できます。

同様に、お客様はバッテリー間接続シミュレーターを使って適切な電力バックアップシステムを作成することができます。3つのシミュレーターを使って、簡単かつ便利であなたの需要に合うソーラーシステムが作られます。ソーラーモジュールを購入する際に、無駄や間違いの買い物を減らすことができます。