フレキシブルソーラーパネル 200W

フレキシブルソーラーパネル 200W
starts- reviews
SKU: RSP200DB-72-JP
¥36,800
x

納期について:

ご注文確定後、1~3営業日で発送手配いたします。*本商品は地域別荷物追加送料対象のため、北海道・佐賀・長崎・熊本・宮崎・鹿児島へ発送する場合、別途送料が発生します。(大型荷物につき、沖縄への配送はできませんので、予めご了承ください。)詳細は地域別荷物追加送料ページをご確認ください:https://renogy.jp/shipping-fee/

x
 

商品説明

Renogy 200Wフレキシブルソーラーパネルは従来のフレームタイプのソーラーパネルとは異なり、柔軟かつ革新的なソーラーパネルです!薄型で最大240度まで曲げることができます。重さは僅か4.9kgで、従来の200Wソーラーパネルの約1/3となっています。高い柔軟性で、曲面でも簡単に取り付けることができます。MBB(マルチバスバー)技術を採用、世界の先端技術であるPERCや、ハーフセル技術を取り入れたことにより、発電効率の向上を図っています。

【主なご利用場面】

船舶や車の上での使用に最適です。ボートやティアドロップトレーラーに電力を供給するなど、様々な場面に対応できます。

【1日の発電量】

1日の発電量の目安は800whです。
※バッテリーの残量、チャージコントローラータイプまたは日照条件等によって異なります。

【最大出力動作電圧・電流】

最大出力動作電圧 (Vmp)は20.1V、最大出力動作電流 (Imp)は10.02Aです。

【高いコストパフォーマンス】

同等のスペックのソーラーパネルと比べ、安価でコストパフォーマンスに優れています。

【推奨の取付け方法】

パネルを取付ける際、裏面にシリコーン接着剤を使用してください。詳しい設置方法につきましては、現地の業者にお問い合わせください。

注意点

【地域別荷物追加送料】

本製品は地域別荷物追加送料対象のため、特定地域(北海道、佐賀、長崎、熊本、宮崎、鹿児島)のみ別途送料がかかります。(大型荷物につき、沖縄への配送はできませんので、予めご了承ください。)該当する地域の詳細は、こちらをクリックしてご確認ください。送料は自動で追加されないため、地域別荷物追加送料ページより、送料をお客様ご自身でカートへ追加していただきますようお願い致します。(地域別荷物追加送料をカートへ追加されずにご購入された場合は、恐れ入りますが、別途地域別荷物追加送料のお支払いについてご案内致します。送料のお支払いが確認できない限り商品の発送は致しませんので、予めご了承ください。)

■北海道にお住まいの方の例
北海道へ本製品を送る場合、追加の送料が2,500円ですので、地域別荷物追加送料ページにて2,500円を選択し、カートに追加してください。カート内には200Wフレキシブルソーラーパネル1枚、地域別荷物追加送料2,500円が1つある状態になります。(※同じ型番の製品を複数枚購入した場合でも、該当の送料のみが適用されますので、更に送料を追加する必要はありません)

主な特徴

高柔軟性

  • 車や屋根など、従来のソーラーパネルが取り付けられない場所にも対応できます。

超軽量

  • ポリマー材料を採用し、重さは4.9kgで従来品の約1/3です。軽量なので輸送、吊り下げ、取り外しが簡単に行えます。

極薄ラミネーション

  • Renogy 200Wフレキシブルソーラーパネルは、平らに設置すると高さが僅か0.3cmと薄く、車の屋根などの設置時に高さを抑えたいという方に最適です。

高耐久性

  • 強風負荷(2400Pa)と積雪負荷(5400Pa)に耐えられます。

損失の軽減

  • バイパスダイオードが内蔵されているため、陰による電力損失を最小限に抑え、低照度環境でも優れた性能を発揮します。
 

パッケージ内容

 

RENOGY フレキシブルソーラーパネル 200W

RENOGY フレキシブルソーラーパネル 200W

1 x

 

 
 
物理的仕様 
寸法: 1605 x 748 x 3 mm 重量: 4.9 kg
コネクタ: MC4 コネクタ ケーブル: 70cm
 
電気的仕様 
公称最大出力: 200 W 最大システム電圧: 600 VDC
公称最大出力動作電圧 (Vmp): 20.1V 公称開放電圧 (Voc):23.9V
公称最大出力動作電流 (Imp): 10.02A 公称短絡電流 (Isc):10.74A
最大直列ヒューズ定格: 15 A  
 

保証情報

 
パネル

5年間の品質保証

当社の太陽電池モジュールは,25年を経過しても80%の出力を維持することができる製品です。
※上記出力率は,適切な環境下での使用による理論上の数値です。

保証対象商品の売買契約を締結いただいた時点で,弊社の保証約款に加入の上,本保証約款にご同意いただいたものとします(保証約款.pdf
 
保証情報
1.ソーラーシステムを完成させるには、ソーラーパネルの他に何が必要ですか?
 
A.ソーラーパネルには、電流を調整するためのチャージコントローラーと、ソーラーパネルで発電した電力を蓄えるためのバッテリーを接続する必要があります。ソーラーパネルとチャージコントローラー間、チャージコントローラーとバッテリー間にそれぞれ接続するためのケーブルが必要になります。
2.仕様が異なるソーラーパネルを直列・並列で接続できますか?
 
A.基本的に仕様が異なるソーラーパネルの接続はお勧めいたしません。同じ仕様、同じメーカーのソーラーパネルを接続してください。
3.パネルのメンテナンス方法は?
 
A.パネル発電量は日光・温度・陰影などに影響されます、パネル性能を最大源に発揮したい場合、定期的にタオルなどで表面をふき取るようにしてください。長期使用しない場合、パネル間の配線を取り外し、プラスマイナスが触れないようにして裏のケーブルを結束します。表面は遮光布でカバーすることをお薦めいたします。
4.直列・並列のメリット、デメリットは何ですか?
 
A.ソーラーパネルの直列・並列のメリット、デメリットは以下の通りです。
【直列の場合】
メリット:
1.合計の電圧が上がるため、ケーブルによる電力ロスが減ります。
2.パネル裏の出力ケーブルはMC4コネクターがついております。別途ケーブルを購入する必要はありません。
3.MPPTチャージコントローラーを使用する場合、最大電力追跡機能により、捕らえられる最大電力点の範囲も大きくなります。

デメリット:
パネルを直列で接続すると、1枚のパネルとして扱われるため、
どちらか一方のパネルが日陰などにより発電ができない場合、全てのパネルが発電出来なくなります。

【並列の場合】
メリット:
例え一枚のパネルが日陰などにより発電出来なくなってしまった場合でも、その他のパネルは正常に発電できます。そのため、日陰による電力ロスを最低限に抑えることができます。
デメリット:
並列専用のコネクタや延長ケーブルが必要になるため、接続部品による電力ロスも大きくなります。
5. フレキシブルソーラーパネルは船で使用できます?
 
A.柔軟性に優れているため、船の湾曲した箇所への設置に最適です。また弊社のフレキシブルソーラーパネルは、塩水噴霧試験を通過しており、潮や凍結防止剤への耐性があります。そのため、海風による腐食の発生や錆びはありません。
6.フレームタイプとフレキシブルタイプどれを選んだら良いですか?
 
A.設置環境およびご予算に応じてお選びください。フレキシブルタイプは重量が軽く、柔軟性に優れているため、車の屋根などへの設置に向いています。フレームタイプはフレキシブルよりも重量が重いですが、耐久性に優れ、安価です。家屋の屋根などへの取り付けに最適です。
7.取付け方法を教えてください
 
A.車の屋根に設置する場合、屋外用のシリコーンシーラント接着剤をお勧めします。マグネット・テープのご使用は、粘着強度が足りませんのでお勧めいたしません。詳しい取付け方法につきましては、下記URLより「フレキシブルソーラーパネルの取り付け方法」の解説動画を御覧ください。
https://www.youtube.com/watch?v=kpGNjPUFBYI
 

 

レビュー レビューを書きます

商品一覧一覧へ