MPPT チャージコントローラー 20A ROVER LIシリーズ

MPPT チャージコントローラー 20A ROVER LIシリーズ
starts- reviews
SKU: RNG-RVR20-BT
¥11,000 - ¥14,200
BT-1 BLUETOOTH モジュール *
x

納期について:

ご注文確定後、1~3日営業日で発送手配いたします。

 

商品説明

MPPT チャージコントローラー 20A ROVER LIシリーズは、アルミダイキャストの設計を採用し、一般的な消耗から守るため、システムの熱量を最大限排出できます。

【最大充電電流・入力電圧・入力電力】

最大充電電流は20A、最大入力電圧は100VDC、最大入力電力は12Vシステムで260W、24Vシステムで520Wの仕様となります。

【12V/24Vシステムを自動的に認識】

12Vと24Vシステムを自動的に認識できます。ゲル電池とリチウム電池を含め、様々なタイプのバッテリーに充電できます。

【高い追跡効率と保護機能】

革新的なMPPT技術を持ち、99%という高い追跡効率を誇ります。これにより、ソーラーパネルの特性を最大限に引き出し、発電ロスを減らすことで無駄なくより多くの電力を生成することができます。また総合的な自己診断と電子保護機能が内蔵されており、システムの故障によるダメージを防ぐことができます。

【LED液晶画面付き】

LED液晶画面が付いており、充電電流やバッテリー電圧などのステータスがリアルタイムで確認できます。数値の異常に速やかに気付くことで、素早い対応が可能となります。またエラーが発生した際は、エラーコードが表示され原因の特定が容易に行えます。

【負荷接続端子付き】

負荷接続端子(負荷ポート)には、直流(DC)電球などの小型電気を接続することができます。負荷モードの設定により、負荷の動作時間や手動、自動の切り替えなどが設定できます。(各モードの詳細は説明書をご参照ください)

【Bluetoothを利用して遠隔監視&操作】

20A Rover MPPTチャージコントローラーは、別売りのRenogy BT-1 Bluetoothモジュールと接続し、DC HOMEアプリを通じてシステムの運行状況をリアルタイムで監視できます。また各パラメーターの設定変更も、アプリ上で行えますので、実機を操作する必要はありません。

【RVR20日本語取扱説明書について】

商品ページの「ダウンロード」から獲得できます。

こちらの製品または他のソーラー製品に関するご質問がございましたら、下記リンク先のフォームよりお気軽にお問い合わせください。
https://renogy.force.com/helpcenterjp/s/contactsupport

主な特徴

  • 12Vと24Vシステムを自動的に認識します。
  • 密閉型、ゲル、補水式、リチウムなど様々なタイプのバッテリーに充電できます。
  • 革新的なMPPT技術を持ち、99%という高い追跡効率、同時にピーク変換効率も98%に達します。
  • 過充電、過放電、過負荷、短絡などの状況を防げる電子保護機能付きです。
  • LCD液晶画面とLEDインジケーターは、システム充電情報やエラーコードの表示、パラメーターの変更ができます。
  • 多様な負荷制御を備えており、過放電のリチウム電池にも充電可能です。
  • アルミダイキャストの設計により、効率良く熱量を排出できます。
  • Renogy BT-1 Bluetoothモジュールと接続可能なRS232ポート付きです。

注意点

  • 液晶画面の表示温度はチャージコントローラーの内部温度です。温度センサーを接続する場合は、バッテリーの温度はアプリ内でのみ確認できます。
  • 負荷接続端子にインバーターを繋いでのご利用はできません。インバーターをご利用の場合は、負荷接続端子ではなく、バッテリーの端子に直接接続してご利用ください。
  • 昇圧機能が付いていませんので、24Vシステムにご利用の場合は、ソーラーパネルを直列にする等、ソーラーパネルの電圧値をバッテリーのシステム電圧値よりも高くする必要があります。

ご利用方法紹介ビデオ

 

パッケージ内容

Rover20 A MPPT ソーラーチャージコントローラー

Rover20 A MPPT ソーラーチャージコントローラー

1 x

 

リモート温度センサー

リモート温度センサー

1 x

 

取り付けブラケット

取り付けブラケット

1 x

 

 
Rover20 A MPPT ソーラーチャージコントローラー 
公称システム電圧: 12V/24V 自動認識 定格バッテリー電流: 20A
定格負荷電流: 20A 最大PV入力短絡電流: 25A
最大バッテリー電圧: 32V 最大ソーラー入力電圧: 100 VDC
取り付け穴 7.66 x 4.70mm 重量: 1.4kg
放電回路の電圧降下: ≤ 0.15V 全体寸法: 210 x 151 x 59.5 mm
 

保証情報

アクセサリー 1年材料品質保証
保証対象商品の売買契約を締結いただいた時点で,弊社の保証約款に加入の上,本保証約款にご同意いただいたものとします(保証約款.pdf
 

認証

CE、FCC、RCM
 
保証情報
1.どのような順序で配線すれば良いですか?
 
A.チャージコントローラーへは、まずバッテリーを接続します。その後、ソーラーパネルをチャージコントローラーへ接続します。必ずチャージコントローラーとバッテリーが接続されている状態で、ソーラーパネルを接続してください。バッテリーが接続されていない状態でソーラーパネルを接続した場合、チャージコントローラーが故障する恐れがあります。
2.どのような保護機能が付いていますか?
 
A.本製品の保護機能は、以下の通りです。
【バッテリー保護】
バッテリー過放電保護、バッテリー過電圧保護、バッテリー逆極性保護

【負荷保護】
負荷過負荷保護、負荷短絡保護、コントローラー過熱保護

【PV保護】
PV過電流保護、PV短絡保護、PV逆極性保護、バッテリー過熱保護
3.ROVER20Aはプラスコモン(接地)、マイナスコモン(接地)どちらでしょうか?
 
A.パネル発電量は日光・温度・陰影などに影響されます、パネル性能を最大源に発揮したい場合、定期的にタオルなどで表面をふき取るようにしてください。長期使用しない場合、パネル間の配線を取り外し、プラスマイナスが触れないようにして裏のケーブルを結束します。表面は遮光布でカバーすることをお薦めいたします。
4.本製品には、定格20A負荷出力用の20Aヒューズが組み込まれていますか?
 
A.組み込まれていません。そのため、チャージコントローラーとバッテリーの間にヒューズを追加することを推奨します。チャージコントローラーとバッテリーの間に必要なヒューズサイズは、チャージコントローラーの定格電流に安全係数の1.25を掛けることで算出できます。20Aの場合、20A×1.25=25A以上の規格のヒューズを選択してください。
5.最大入力電力、最大入力電圧を超えるソーラーパネルを使用できますか?
 
A.使用できません。MPPT チャージコントローラー 20A ROVER LIシリーズの最大入力電力は、12Vシステムで260W、24Vシステムで520Wです。接続するパネルは必ず最大入力範囲内の仕様に収めてください。また、最大入力電圧は100VDCであるため、電圧値も同様に超えない様にご注意ください。
6.チャージコントローラーとはなんですか?またMPPTとはなんですか?
 
A.チャージコントローラーはソーラーパネルによって生成された電力を受け取り、バッテリーが使用できる電力の形に変換する機械です。MPPTはMaximumPower Point Trackingの略で、ソーラーパネルから可能な限り最大の電力を得ることができるという特徴があります。これは特に低照度条件時に効果的です。
7.チャージコントローラーの20Aとはどういう意味ですか?
 
20Aは、チャージコントローラーがバッテリーに出力できるアンペアの最大量を表します。
8.Renogy MPPTテクノロジーの利点は何ですか?
 
A.Renogy Roverシリーズのソーラー充電コントローラーは、最先端の最大電力点追従(MPPT)テクノロジーを使用して、太陽光の露出と温度に応じて変化するソーラーパネルの最大電力点を追跡します。これにより、高い電圧値を維持し、効率よく充電することができます。また、ROVER Li 20Aは最大入力電圧が100VDCと、入力電圧の範囲が広いことも利点のひとつです。
 

 

Reviews レビューを非表示

MPPT チャージコントローラー20A ROVER LIシリーズ

sw 2021/10/02

設置して間がありませんが価格、性能共に満足しています。 USB5V出力が欲しいです。

175Wパネル×2枚直列で使用

笠原 隆樹 2021/08/28

ROVER20Aと175Wパネル×2枚直列接続とし、FiFePo4_12.8[V]_120Ahバッテリーと 他社製12[V]用1200Wインバーターで使用中です。 BT-1でスマホからBluetoothモニターが出来て便利。 また配線接続端子部がしっかり作り込まれており、安心です。 ネットで配線固定部がネジ直締めで上手く接続できないなどの情報がありましたので 心配でしたが、そんなことは無く、キチンとした専用金具で締められます。 安価なPWM製品の方は分かりませんが、少なくともROVER系は大変しっかり しています。200W用PWMチャージコントローラからの入れ替えですが、 夕方になっても電流出力が得られたのでMPPTの効果は確実にありますね。 日中晴れていれば15A以上でコンスタントに充電出来ています。 製品としての作りも大変良い、コスパ最高のチャージャーではないでしょうか。 ちなみに取説も日本語で丁寧に書かれています。

同社のソーラーパネルとセットで

いちげんさん 2021/06/26

同社の12v 100wパネル3枚を並列接続で使用しています。BT-1も接続しており、発電と充電状況が把握できて良いです。

金額の割にはなかなかの発電量

宗 2021/05/22

元々使ってたMPPTのチャージャーは曇り空での充電は 0Wになってしまってたがコチラにしてからは微々たる 数値ではあるがしっかり充電がされている。 難があるとすれば同時購入したBT-1が少々微妙。 正確な数値が気になる人は別で電流計などを導入した方 が良いかも。

良い

たいよう 2021/04/26

値段が手ごろな価格で機能が充実していると思いました

商品一覧一覧へ